戸建てを買う理由

私達が新築の戸建て住宅の購入を検討したのは、5年前のことでした。

ちょうど第一子妊娠中で、それまで二人で暮らしていたアパートで子育てをしていくと考えた時に、部屋の間取りや音などが気になりましたし夫は転勤がない仕事なので、家を買いたいという話が出ました。

賃貸料に月9万円の支出をしていて、その地域ではそれが相場でお給料に対して高めでした。

賃貸を払っても手元に何も残りませんし、住宅ローンであれば住宅が残るので良いかなとも思いました。

賃貸料よりもローンを組んで月々の支払いを安くしたいとも思いました。

私は戸建で育ってきているので、アパートやマンションで暮らすということが想像できず、子どもも戸建で育てたいという気持ちも強かったです。

インターネットで武蔵村山市新築戸建住宅の情報を検索して良いと思うものを探してみたり、不動産屋さんを巡ってみたりして、いくつも新築住宅を見学して回って、値段と物件の状況から買うかどうしようかと考えていました。

結果的に私達が望むものを予算内で購入することはできずに、築浅の中古住宅を購入しました。

同じ費用を出しても、中古だと購入できる物件の幅が広がります。

ただ今でも新築戸建住宅に対する憧れますし、新築戸建にはそれを選んだ人の夢みたいなものがいっぱい詰まっているように思います。